下水道維持管理事業 -修繕・改築- パルテム技術協会


工法紹介
パルテム技術協会で主に下水道及び農水分野で活躍しているホースライニング工法、パルテムSZ工法、パルテム・フローリング工法が中心となり管路を更新する更生工法です。あらゆる管路のストックマネジメントに貢献します。
下水道分野では公益社団法人日本下水道協会発刊の「管きょ更生工法における設計・施工管理ガイドライン」2017年度版に沿った設計のラインナップとなっております。

以下で、「ホースライニング工法」、「パルテムSZ工法」、「パルテム・フローリング工法」の3つの工法を紹介いたします。

ホースライニング工法

熱硬化性樹脂を含浸させた更生材料を既設のマンホールから既設の管きょ内に加圧させながら反転挿入し、既設管きょ内で加圧状態のまま熱硬化性樹脂を加熱硬化させることで、管きょの内面に新しいパイプをつくる反転工法です。圧力管及び長尺管きょに威力を発揮します。

1  洗浄・調査工程(下水道の場合)
高圧洗浄機により管内を洗浄した後、TVカメラで調査します。
農水の場合はクリーニング治具を使う場合もあります。
 

 
2  反転挿入工程(農水の場合)
反転機内に圧縮空気を送り込みシールホースを管内に反転挿入します。
条件によっては櫓を組んで、水頭圧による反転も行います。
下水道の場合は、反転機により反転挿入します
 

 
3  加熱・養生工程(農水の場合)
蒸気による加熱養生と管内圧を一定に保って常温で養生する方法があります。
また、温水による加熱養生も水頭圧による反転挿入の場合は行います。
下水の場合は蒸気による加熱養生が主流となっています。
 

 
4  穿孔工程(下水道の場合)
取付管の位置に合わせて、管内面より穿孔機によって削孔します。
その後、管口を仕上げます。
農水の場合は両管口を切り揃えて管端リングでシールホースを確実に固定します。
 




パルテムSZ工法

マンホールを利用して下水道管内にSZライナーを引込み、空気と蒸気とでライナーを拡張・加熱して既設管の中に自立管を形成する工法です。管内に形成されたSZパイプは、優れた耐久性、耐薬品性を有しています。

 1  引込工程
ウインチでSZライナーを下水道管内に引き込みます。
 

 
2  拡張・加熱工程
SZライナーの端部にSZシーラーを取付け、空気圧によりSZライナーを管内に圧着させます。
圧縮空気を蒸気に置換することによってSZライナーを硬化させます。
 

 
3  穿孔工程
SZパイプでふさがれた取付管孔を穿孔機で穿孔します。
 


 

パルテム・フローリング工法

パルテム・フローリング工法は、既設管きょ内で組み立てた鋼製リングに高密度ポリエチレン製のかん合部材と表面部材とを管軸方向に組み付け、既設管と表面部材との間に充填材を充填することにより、既設管きょを更生する工法です。更生管は、既設管きょと更生材が一体になった複合管となります。

1  鋼製リング組み立て
分割された鋼製リングを人孔から運び入れ、ボルト結合により鋼製リングを組立てます。
 

 
2  ポリエチレン部材の嵌合
嵌合部材、表面部材を人孔から運び入れ、鋼製リングに取付けます。
 

 
3  モルタル注入
既設管と表面部材との間に高流動・高強度モルタルを注入します。