下水道維持管理事業 -修繕・改築- FRP工法協会


FRP内面補修工法
下水道管路のあらゆる不良箇所を 安全、安心、確実に修繕・改築し、 損傷した管きょの延命化、長寿命化に 貢献する内面補強工法です。
下水道管路施設は、建設後、過酷な条件下で使用され続けることにより、管のずれやクラックを原因として水や土砂が流入し、やがて破断してしまうリスクを抱えているため、継続的な保守が不可欠です。しかし補修(修繕)の度に道路を掘り返すことは、現実的には不可能。 そうした問題を解決するのがFRP内面補強工法です。道路を掘り返すことなく、至近のマンホールから効率的かつ短時間で様々な損傷の補修工事を行うことができます。

この工法には、FRP内面補強工法(熱硬化)FRP内面補強工法(光硬化)FRP光硬化取付管ライニング工法の3つの工法があります。



管きょの延命化は、FRP部分補修材で大きく前進

  FRP補修材は、耐久性50年を想定した材質・強度を有し、機能を確実に延命化させます。

補修材の端部を樹脂が接着して補修材を保護
 

 



下水道管きょの経年劣化に起因する道路陥没箇所はここ!!

  下水道管きょ(取付管接合部)の不良箇所を確実に修繕します。

取付管接合部の仕上げ材(止水モルタル等)の経年による脱落状況
 

 
 1



FRP内面補修工法(熱硬化)

  【本管部分補修】  【一体型補修】  【取付管部分補修】
地下に埋設された下水道管路内で発見された不良箇所に対して、不良箇所に最適な施工機を至近の既設マンホールより投入・移送することで、短時間で的確かつ効率的に部分補修を行います。
耐久性・耐薬品性能の高いビニルエステル樹脂(エポキシアクリレート)と耐薬品性能の高い耐酸性ガラス繊維および不織布を補強材とした熱硬化補修材を施工機に装着し、目的の不良箇所に移送します。補修箇所に到達した施工機によって管壁面に補修材を加圧密着させ、内蔵のヒーターで加熱硬化させることにより、高強度のFRP管を形成する工法です。

使用機材 : 本管部分補修
φ250 本管段差補修
   
本管可変施工機・ロング施工機 施工前 施工後
 
クラック
卵形施工機 施工前 施工後
 
浸入水
φ1500 施工機 施工前 施工後

 
 
使用機材 : 一体型補修
取付管一体型施工機 施工前 施工後


  
使用機材 : 取付管部分補修
φ100 取付管内補修
ちび弾丸/熱硬化用 施工前 施工後



FRP内面補修工法(光硬化)

   【本管部分補修】  【一体型補修】  【取付管部分補修】
下水道管路に生じた段差、管ずれ、ジョイントずれ、クラック等を部分補修する工法です。
この工法は、光硬化性樹脂を用いた補修材(ソフトスリーブ)を専用施工機に装着してからマンホールより補修箇所に移送し、管壁面に加圧密着させます。そして、施工機に内蔵した紫外線ランプを照射すると、補修材が短時間で硬化するというものです。補修材料は工場で均一に生産されており、現場での準備作業が簡便なため、極めて効率的、短時間で補修作業が行えます。

使用機材 : 本管部分補修
 

施工前

施工後
本管施工機
 
使用機材 : 一体型補修
 

施工前

施工後
取付管一体型施工機
 
使用機材 : 取付管部分補修
  φ100 取付管内補修
ちび弾丸/光硬化 施工前 施工後



 

FRP光硬化取付管ライニング工法

  損傷した取付管を非開削により更生する工法です。
事前に円筒状の耐酸ガラス繊維織物に光(紫外線)硬化性樹脂(ビニルエステル)を工場含浸し、特殊空気脱泡後遮光フィルムで覆ったFRP取付管ライナー(BBG)が施工会社に届けられます。 施工者はFRP取付管ライナー(BBG)を専用施工機の収納ドラムに装着し、既設ますより取付管内に反転または押し込み挿入します。ライナー内部に圧縮空気を送って拡径させた状態で、光硬化装置(UVトレイン)をライナー内部に挿入し、先端部に装着したTVカメラでライナー内部の異常有無を確認後、UVランプを点灯させたUVトレインを本管部側より、ます側に所定速度でけん引し、ライナーを光硬化させ強固なFRP管を形成します。

使用機材
 
施工機材 押込み方法機材
 
TVカメラ付き光硬化装置
UVランプ ON/OFF
取付管内にライニング材を反転中 取付管口(光硬化中)